Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

茨木智博(オカリナ)/B→C バッハからコンテンポラリーへ 211

19/4/23(火)

東京オペラシティ リサイタルホール

イタリア語で「小さなガチョウ」を意味する楽器 “オカリナ”、B→Cシリーズ初登場! ほっこり丸みのある音色が印象的なこの楽器、「構造上、音域が高ければ高いほど音のテンションも上がり、激しさをもつ一面もあれば、無機質に奏でると電子音のような響きに感じられることもある。さらにバッハ作品のようなバロック音楽で奥深い世界を描くに適している一面も…」と、今回の演奏者・茨木智博は語ります。彼は東京音大でトランペットを学び、その頃、独学で本格的にオカリナに取り組み始めた、いわば二刀流プレイヤー。オカリナの新たな可能性と他の楽器に負けない音楽表現力で伝えます。

J.S.バッハ:《無伴奏チェロ組曲第1番》ト長調 BWV1007から「プレリュード」/山下康介:オカリナ・ラプソディ(2015)/伊左治 直:新作(2019、茨木智博委嘱作品、世界初演)/J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067 /武満 徹:エア(1995)/山中千佳子:新作(2019、茨木智博委嘱作品、世界初演)/J.S.バッハ:《チェンバロ協奏曲第5番》BWV1056から「アリオーゾ」/ジョリヴェ:フルートと弦楽合奏のための協奏曲(1949)

公演情報

ジャンル
器楽

未就学児童は入場不可。

料金

全席自由:3,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

オカリナ:茨木智博/ピアノ:森 浩司/パーカッション:関 聡

アプリで読む