Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

竹久夢二という生き方  -明治・大正・昭和を駆け抜けたロマンチスト -

19/4/4(木)~19/6/30(日)

竹久夢二美術館

明治17(1884)年に生まれ、大正時代(1912‐26)を象徴する画家として活躍し、昭和9(1934)年に世を去るまで、49歳11ヶ月の人生を駆け抜けた竹久夢二。
画家としての活動にとどまらず、デザイナー、詩人としても数多くの作品を残し、恋と旅を重ね、夢二はドラマチックな生涯を送った。そして平成時代が幕を閉じようとする今もなお、夢二が残した美の世界は、注目され続けている。
本展では、明治・大正・昭和にわたる、ロマンに満ちた夢二の生き方と芸術を紹介し、さらに夢二をめぐる平成年間の動向も振り返り、その魅力を深く追求する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日、5月7日(火)休館(ただしGW期間を含む4月23日~5月6日は無休で開館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般900円、大・高生800円、中・小生400円

※弥生美術館もご覧いただけます。
※団体20名様以上、100円割引になります。

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む