Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第313回企画◆紙の上の建築展

19/7/26(金)~19/8/10(土)

ときの忘れもの

建築家であるフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー、ル・コルビュジエ、マイケル・グレイヴス、磯崎新、安藤忠雄、六角鬼丈のドローイングや版画を展示する。
ときの忘れものは開廊以来、建築家たちが描いたドローイングや版画を紹介してきた。日本では、建築家=建築を設計する「技術者」と思われているが、私たちは優れた建築家というのは、人間の生きる空間をデザインする「アーティスト」だと考えている。その空間に身をおくだけで人間の精神に刺激を与えるような空間を創造する人、実際に建築が実現しなくとも、そのような空間を夢想する人、そんな建築家たちの描いた作品を私たちは積極的に扱ってきた。そこで偉大なる「アーティスト」が描き出す平面の作品群を見ることができる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~19:00、日曜・月曜・祝日休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む