Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ラ・フォル・ジュルネTOKYO 2019/東京国際フォーラムホールB7

19/5/3(金)

東京国際フォーラム ホールB7

フランス発!!世界最大級のクラシック音楽祭。2019年のテーマは「ボヤージュ 旅から生まれた音楽(ものがたり)」

5月3日 ホールB7会場
◆9:30~<公演番号121>
ピアノ:アレクセイ・ヴォロディン(ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第1番 ニ短調 op.28/ラフマニノフ:前奏曲 嬰ハ短調op.3-2、嬰ト短調op.32-12、ニ長調op.23-4 、ト短調op.23-5)
◆11:15~<公演番号122>
“Paz, Salam et Shalom”~平和~パス・サローム・シャローム/カンティクム・ノーヴム(地中海沿岸の伝統楽器アンサンブル)/エマニュエル・バルドン(歌、音楽監督)
◆13:15~<公演番号123>
出演者はルネからのサプライズ 発表をお楽しみに!!(チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲 イ短調 op.50 「偉大な芸術家の思い出に」)
◆15:05~<公演番号124>
“中世ヨーロッパの旅人たち” ヴォックス・クラマンティス/指揮:ヤーン=エイク・トゥルヴェ(中世の旅する作曲家たちの作品を中心にマショー、バンショワ、ダンスタブル、オケゲム)
◆16:45~<公演番号125>
“さすらいの音楽:ロマ&クレズマー×バラライカ!” バラライカ:シルバ・オクテット、アレクセイ・ビリュコフ
◆18:30~<公演番号126>
“グランド・ツアー:ヨーロッパをめぐる旅” 別所哲也(俳優)/アンサンブル・マスク/チェンバロ・指揮:オリヴィエ・フォルタン
◆20:30~<公演番号127>
モーツァルト:オペラ《後宮からの誘拐》ディーヴァ・オペラ(ピアノ伴奏版・原語上演・字幕無/途中休憩15分)/ベルモンテ(スペインの貴族):アシュリー・カトリング/オスミン(太守の監督官):マシュー・ハーグリーヴズ/ベドリッロ(ベルモンテの召使):リチャード・ダウリング/太守セリム:デイヴィッド・ステファンソン/コンスタンツェ(ベルモンテの婚約者):ガブリエラ・キャシディ/ブロンデ(コンスタンツェの召使、英国人):バーバラ・コール・ウォルトン

公演情報

ジャンル
フェスティバル

車椅子席は問合せ先まで。3歳未満は入場不可。
開演時間18:30以降の公演は、6歳未満入場不可。
サイドビュー席はステージ横(左右)から見る席のため一部公演が見えにくい席となります。

料金

<公演番号127>
指定席大人:3,500円
指定席子供-:3,200円
サイドビュー大人:3,000円
サイドビュー子供-2,700円

<公演番号121、122、123、124、125、126>
指定席大人:2,800円
指定席子供:2,500円
サイドビュー大人:2,500円
サイドビュー・子供:2,200円

大人:中学生以上
子供:小学生以下

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

◆9:30~<公演番号121>ピアノ:アレクセイ・ヴォロディン◆11:15~<公演番号122>カンティクム・ノーヴム(地中海沿岸の伝統楽器アンサンブル)/エマニュエル・バルドン(歌、音楽監督)◆13:15~<公演番号123>出演者はサプライズ 発表をお楽しみに◆15:05~<公演番号124>ヴォックス・クラマンティス/指揮:ヤーン=エイク・トゥルヴェ◆16:45~<公演番号125>バラライカ:シルバ・オクテット、アレクセイ・ビリュコフ◆18:30~<公演番号126>別所哲也(俳優)/アンサンブル・マスク/チェンバロ・指揮:オリヴィエ・フォルタン◆20:30~<公演番号127>ベルモンテ(スペインの貴族):アシュリー・カトリング/オスミン(太守の監督官):マシュー・ハーグリーヴズ/ベドリッロ(ベルモンテの召使):リチャード・ダウリング/太守セリム:デイヴィッド・ステファンソン/コンスタンツェ(ベルモンテの婚約者):ガブリエラ・キャシディ/ブロンデ(コンスタンツェの召使、英国人):バーバラ・コール・ウォルトン

アプリで読む