Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

【休館中】日本画と歌舞伎の世界 ―東山魁夷と近代日本の名画―

20/10/4(日)~21/3/21(日)

市川市東山魁夷記念館

東山魁夷《秋映》1959(昭和34)年 株式会社歌舞伎座蔵

東山魁夷は1960(昭和35)年、歌舞伎座において初めての緞帳原画を手掛けた。
この経験に端を発して、稀代の名女方・六世中村歌右衛門との親交を深めた魁夷は、1966(昭和41)年4月、「助六」揚巻の裲襠「白地精好波に松島図」の揮毫も叶える。
本展では、山口蓬春や加藤栄三、橋本明治など、戦後画壇が築きあげた歌舞伎と日本画の深い繋がりを関連資料から紐解くとともに、会期中6回の展示替えを行うことで、「幕間の美術館」として歌舞伎座と明治座、両劇場を彩る珠玉の名画の数々を紹介する。
※会期中下記の日程にて展示替えを予定
①10月4日〜11月1日
②11月3日〜11月29日
③12月1日〜12月27日
④2021年1月5日〜1月31日
⑤2月2日〜2月28日
⑥3月2日〜3月21日

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日(祝休日にあたる場合は、直後の平日)、年末年始(12月28日〜1月4日)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般800円、65歳以上640円、高大生400円、中学生以下無料

※いちかわエコボカード(満点カード)1枚で1名が無料で入場できます。
※障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名は、観覧料が無料になります。
※市川市文学ミュージアムの利用済みチケット、チーパス、千葉県外の子育て支援パスポート、および市川市の多世代ファミリーカードをご提示いただいた方は観覧料を2割引きします。なお、65歳以上のからはあらかじめ割引料金となっているため、絵はがきを差し上げます。
※割引の併用はできません。

出品作家

お問い合わせ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む