Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

《丸山明宏(美輪明宏)》1960年代

美しきをより美しく 秋山庄太郎展

19/1/29(火)~19/3/17(日)

佐倉市立美術館

1920(大正9)年、東京・神田生まれの秋山庄太郎は旧制中学在学中、同級生の手ほどきで写真を撮り始めた。早稲田大学商学部を卒業した1943(昭和18)年には写真集『翳(かげ)』を自費出版、早くから写真家として活動を開始するが、同年に陸軍から召集を受け、中国大陸へ渡る。終戦後は二科会写真部の創立に関わるなど、我が国を代表する写真家として、写真芸術の発展に力を尽くした。
「私はいわば、いい意味での通俗を求めてきた」と語る秋山庄太郎。その膨大な撮影作品の中から、本展では女優、舞台俳優、文士、芸術家といった「時代の顔」と言うべき代表的ポートレートをはじめ、ライフワークとして取り組んだ花の写真芸術作品、写真家としてのターニングポイントとなった欧州外遊時のスナップなど、約130点の諸作品(オリジナルプリントを含む)によってその活動の全貌を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、月曜日休館(2月11日(月・祝)は祝日開館、12日(火)は代休)

一般800(640)円、大学・高校生600(480)円、中・小学生400(320円)、未就学児無料

料金

※( )内は、前売り及び20名以上の団体料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介助者1名は無料です。

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む