Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

日本の伝統四季ごよみ〜旧暦と二十四節気〜(同時開催:暦と大小〜変化した月の大小〜)

19/11/26(火)~20/2/2(日)

静岡市東海道広重美術館

現在、日本では月日を知る術として明治五年(1872)の改暦以降、太陽暦(新暦)が使用されているが、それ以前は中国の暦が元となる月の満ち欠けを基準に、1年間の太陽の動きを考慮した太陰太陽暦(旧暦)が使用されていた。本展では江戸時代に使われた太陰太陽暦とともに、浮世絵に描かれた日本の四季折々の姿を紹介する。
Part 1:2019年11月26日(火)~12月27日(金)
Part 2:2020年1月5日(日)~2月2日(日)

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜17:00、月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)、年末年始(12/28〜1/4)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般520円(410円)、大学生・高校生310円(250円)、中学生・小学生130円(100円)、未就学児は無料

※( )は20名以上の団体料金
※市内に居住する70歳以上の方は無料
※子どもカードもしくは身分証明書等の提示により、市内に居住し、又は通学する小学校の児童及び中学校の生徒並びにこれらに準ずる方は無料
※障害者手帳等の掲示により、本人及び同伴者1名様は無料

出品作家

アプリで読む