Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

小森忍・河井寬次郎・濱田庄司 ―陶磁器研究とそれぞれの開花―

20/4/12(日)~20/6/14(日)

益子陶芸美術館/陶芸メッセ・益子

日本の陶芸の発展に多大な功績を残した小森忍(1889-1962)、河井寬次郎(1890-1966)、濱田庄司(1894-1978)は、近代日本の陶磁器研究の拠点であった京都市陶磁器試験場で、日々釉薬等の研究に心血を注いでいく。ここでの経験は、三人の制作の基礎となり、それぞれの陶芸の確立に大きく影響していく。
以後、この三人は、置かれた境遇の違いにより、花開く時期、活躍するステージは異なるが、常に刺激し合いながら、各々新しい表現への挑戦を重ね、その個性を磨いていく。そして、現代の人をも魅了してやまない作品が多く生み出された。
本展は、“陶磁器界の三天才”とも称されたそれぞれが追い求めた美の形、その個性と表現方法を制作年順に沿って紹介。同時代を生き、生涯にわたり交友を持ち続けた三人の作品を通して、三人が確立した独自の陶芸の世界をご覧いただければと思う。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日(5月4日は開館)、5月7日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

大人600円(550円)、小中学生300円(250円)

※( )内は20名以上の団体
※65歳以上は300円(要証明)

出品作家

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む