Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「婦人画報創刊号表紙」明治38年(1905年)

婦人画報創刊115周年記念特別展 婦人画報と京都 つなぎ、つたえる「人」と「家」

20/1/2(木)~20/1/20(月)

美術館「えき」KYOTO

2020年で創刊115周年を迎える「婦人画報」で創刊以来、たびたび取り上げられてきた、日本の伝統を受け継ぐ京都の13家が紹介されます。代々が守り続けてきた宝物や、代々が手掛けてきた作品など約80点が展示されると同時に、当時の取材記事や写真もパネル展示されます。<出展>池坊家(華道)、石田家(ガラス工芸)、伊東家(有職御人形司)、井上家(京舞井上流)、上村家(日本画)、江里家(截金)、志村家(染織)、千家(茶道裏千家)、徳岡家(京都吉兆)、中村家(塗師)、森口家(友禅)、樂家(樂焼窯元)、冷泉家(冷泉流歌道)以上13家(五十音順)※京都吉兆の吉は、正しくは土に口

開催情報

ジャンル
展示会

10:00~20:00
1月2日は9:30開館(入館は閉館30分前まで) 
※会期中無休

料金

一般900円、大高生700円、中小生500円 ※前売りあり

チケット購入はこちら

チケットぴあ
アプリで読む