Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

すなはち喫茶す―中村研一の日常と「茶」

19/3/17(日)~19/5/12(日)

小金井市立はけの森美術館

終戦間もなく小金井に転居した洋画家・中村 研一(1895-1967年)。当初はずいぶんと不自由に感じられたようだ。しかし日々を楽しみ、自宅やアトリエの築造に着手していた。「美術の森」緑地の中にある旧中村研一邸の主屋、そして茶室「花侵庵」が最終的に完成するのは 1959年から1961年にかけてのこと。
住環境へのこだわりは「茶」に対する強い興味と結びついていると言える。本展覧会では、こうした中村 研一の暮らしにおける「茶」の関わりを紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般200円、小中学生100円

※未就学児および障害者手帳をお持ちの方は無料、
※平成31年5月12日(日曜)は中村研一の誕生日(5月14日)を記念した無料観覧日

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む