Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特別展 「ひな人形」 -春をいろどるみやびの世界-

19/2/9(土)~19/3/3(日)

鎌倉国宝館

女子の健やかな成長と幸せを願って行われる「ひな祭り」。うららかな春の訪れを告げるにふさわしいこの行事は、平安時代にまで起源がさかのぼるといわれている。その後江戸時代に入ってからは年中行事として定着し、さまざまな人形や調度品が作られるようになった。
鎌倉国宝館の雛人形コレクションは、その大部分が江戸時代の作品であることが特徴。享保年間より大流行した能面のような顔立ちの享保雛や、箱書に年紀の入った資料的価値の高い内裏雛、雛人形の古形とされる立ち雛など、さまざまな形式の雛人形を取りそろえている。ほかにも御殿飾りや雛段飾り、御所人形や毛植人形など、雛の宴を彩る人形たちが一堂に並ぶ。また種類多彩な雛道具も見所のひとつ。とくに蒔絵やガラス、陶器などで精巧に細工されたミニチュアの調度品類は、当時の工芸技術の粋をこらした見事な出来映えだ。
本展は三月三日の桃の節句に合わせて、それらを一堂に公開する年に一度の展覧会。
なお、会期中、平常展示のコーナーでは、「鎖大師」の名で知られる青蓮寺(手広)の本尊・弘法大師坐像(国指定重要文化財)を特別公開する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜16:30、2月12日(火)、2月18日(月)、2月25日(月)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般400円(300円)、小・中学生200円(100円)

※(  )内は20名以上団体料金

お問い合わせ

アプリで読む