Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

紙芝居ができた!

19/7/20(土)~19/9/1(日)

原爆の図丸木美術館

「原爆の図」をもとに紙芝居をつくる。
米国生まれの詩人のアーサー・ビナードさんは、2012年夏に、その「無謀な」試みをはじめた。脚本を書き下ろすだけでなく、絵を部分的に選んで切り取り、さらに反転させたり、色を変えたり、別の部分の背景を組み合わせたり、紙芝居の完成までには、さまざまな実験が必要だった。
絵画と紙芝居のつくりはちがう。ただ絵を切り取るだけでは、紙芝居にならない。紙芝居として成立するためには、「原爆の図」をどう変化させればいいのだろうか。試行錯誤の日々は、紙芝居とは何かを考えると同時に、「原爆の図」とは何かを見つめなおす試みでもあったのだ。
7年の歳月を経て、2019年5月に刊行された新作紙芝居『ちっちゃい こえ』。いのちの源である「サイボウ」に耳をすますこの物語は、旅立ちのときを迎えた。
丸木美術館では、その完成を記念して、夏季企画展「紙芝居ができた!」を開催。作品に隠されていたヒミツを解き明かし、「原爆の図」を再発見する展覧会だ。
アーサー・ビナードさんと丸木夫妻の世界へ入り込み、驚きの連続を楽しんでほしい。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜17:00、月曜日休館(月曜祝日の場合は翌平日、ただし8月1日〜15日は無休)

料金

大人900円、中高生または18歳未満600円、小学生400円

※団体(20名以上)、60歳以上、チラシ持参者、比企地区在住者100円引き
※障碍のある方は半額

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む