Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

歴博セレクション

20/7/11(土)~20/8/23(日)

岐阜市歴史博物館

◎第1展示室
豊臣 vs 徳川
会期:7月11日(土)~8月2日(日)
本能寺の変で岐阜城は城主である織田信忠(信長嫡男、1557~1582)を失った。以後、慶長5年(1600)の関ケ原の合戦の前哨戦で落城するまで、岐阜城主は次々に変わった。この背景には、岐阜城主が戦乱に巻き込まれ落命したり、岐阜が戦いの舞台となったことがあげられる。本展では、本能寺の変以後の戦いの歴史を、豊臣・徳川両氏の争いを軸に、歴史博物館所蔵の絵画作品や歴史資料をたどりながら紐解いていく。
※本展は令和2年4月4日(土)~5月10日(日)に開催予定であった展覧会(4月7日以降休館)を順延開催する展覧会。

れきはく名品展Ⅱ-「新しい生活様式」社会に- 
会期:8月8日(土)~8月23日(日)
前回の「れきはく名品展-寄託品を中心に-」(5月22日~7月5日)に続いて、再び岐阜市歴史博物館所蔵品の中から選りすぐりの逸品をご覧いただく。今回は館蔵品を中心としながら、with コロナによる「新しい生活様式」社会を暮らしていく中でお勧めしたい作品という視点から選考した。
これまでも、総合展示室や特別展・企画展等で折に触れて紹介してきたが、今の私たちだからこそ持つことのできる新しい見方・感じ方でご観覧いただければ幸いである。

◎第2展示室
前期:7月11日(土)~8月2日(日)
後期:8月8日(土)~8月23日(日)
同館は平成17年3月にリニューアルオープンして以来、2階総合展示室にて原始~現代にわたる岐阜市域の歴史を紹介する「ぎふ歴史物語」、岐阜市が誇る岐阜和傘などの伝統工芸を紹介する「伝統の技と美」を開催してきた。
本展では、現在大河ドラマ館内で公開中の戦国時代の展示を除く、原始~古代、近世~現代の岐阜市の歴史および岐阜市の伝統工芸を紹介する。
※本展は令和2年4月4日(土)から開催している展覧会。引き続き、「ぎふ歴史物語」と「伝統の技と美」をテーマに展示替えを行いながら開催する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜17:00、月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日、8月3日(月)〜7日(金)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

高校生以上310円(250円)、小中学生150円(90円)

※( )内は20人以上の団体料金
※岐阜市在住の70歳以上の方は無料
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方とその介護者1人は無料
※岐阜市内の小中学生は無料
※家庭の日(毎月第3日曜日)に入館する中学生以下の方と同伴する家族(高校生以上)の方は無料(特別展を除きます)
※証明できるものをご提示ください
※2階「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」の入場には、別途入場料が必要です

お問い合わせ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む