Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

秋季特別展「シリーズ・現代の盆栽家Ⅱ 木村正彦―あそびの領分」

18/10/26(金)~18/11/21(水)

さいたま市大宮盆栽美術館

現代最高峰の盆栽家を取り上げるシリーズ第2回展は、いまなお記憶に新しい「第8回世界盆栽大会inさいたま」において、日本を代表して記念デモンストレーションを行った世界的盆栽家、木村正彦を取り上げる。プロの盆栽師として、著名愛好家の盆栽を数多く手掛ける木村には、販売を目的とすることなく、一盆栽家として作り続ける作品がある。それは中国の奇岩景勝地、黄山に見た、絶壁に根付く樹木の姿を表現した創作盆栽(注)だ。プロの立場を離れるからこそ、木村自ら“あそび”と称して探求を続ける創作盆栽の世界。本展では、まさに木村盆栽の結晶と言える創作盆栽をはじめ、歴史に名を刻む名樹の数々を紹介する。他にも横幅180センチを超える、“世界最高の素材”と木村が讃えた、初公開の一位(イチイ)の超大型盆栽など、みどころ満載の特別展となっている。
注:創作盆栽とは、石に木を植え付ける「石付き」や、寄せ植えなど、盆器(植木鉢)に一本の樹木を植えた、”一盆一樹”と呼ばれる典型的な盆栽とは異なる様式を指す。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜16:30、木曜日休館(祝日の場合は開館)

※11月は16:00まで
※入館は閉館の30分前まで
※展示A(10/26~10/31、11/9~11/14)・展示B(11/2~11/7、11/16~11/21)、各9席の入替制

料金

一般300円(200円)、高大生・65歳以上 150円(100円)、 小中学生 100円(50円)

※障害者手帳をお持ちの方と、付き添いの方1名は半額
※( )内は20名以上の団体料金

出品作家

木村正彦

アプリで読む