Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

パリよ、永遠に

15/3/7(土)

ル・シネマにて公開

破壊寸前の危機に陥った戦時下のパリをめぐる実話

『ブリキの太鼓』の独監督フォルカー・シュレンドルフが、近作『シャトーブリアンからの手紙』に続き、フランスとの合作で撮った戦争実話。第二次世界大戦下、ヒトラーからパリ破壊命令を受けたドイツ軍パリ防衛司令官ディートリヒ・フォン・コルティッツと、パリを守ろうとしたスウェーデン総領事ラウル・ノルドリンクの一夜の駆け引きを描き出す。

パリに駐留するドイツ軍のコルティッツ将軍は、ヒトラーの命令のもとで、パリ壊滅作戦の準備を進めていた。そんな彼が宿泊するホテルに、パリの破壊を阻止しようとするスウェーデンの総領事ノルドリンクがやってくる。両者の話し合いは次第に緊迫していき……。

アプリで読む