Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

バオバブの記憶

09/3/14(土)

ポレポレ東中野にて公開

バオバブの樹を通して“人間と自然“を見つめる

ある時は聖なる存在して、ある時は材木や食料として長きに渡って人や動物たちと共生を続けてきた樹・バオバブの記憶を映し出すドキュメンタリー。『ナージャの村』や『アレクセイと泉』が国内外で高い評価を得た本橋成一監督がバオバブと共に生きる人々の姿をカメラに収め、樹齢500年とも1000年とも言われる樹から人間と自然の関係を描き出す。

セネガルの首都ダカールから遠く離れたトゥーバ・トゥール村には日常生活の中にバオバブの樹がある。人々はバオバブと共に生き、神木には祈りを捧げる。しかし、人間と樹の関係は近代化の波を受け変わりつつあった。

上映情報

ジャンル
日本映画 ドキュメンタリー
制作年・国
2009/日本
配給
サスナフィルム
ヘッド館
ポレポレ東中野にて公開
上映時間
102分
公開日
2009/3/14(土)

キャスト&スタッフ

アプリで読む