Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

《ウィンクするMiMiちゃん》 1967年 鉄、鏡 神奈川県立近代美術館蔵

堀内正和展 おもしろ楽しい心と形

18/12/8(土)~19/3/24(日)

神奈川県立近代美術館 葉山

堀内正和(1911-2001)は、日本の抽象彫刻を代表する作家のひとりで、次世代の彫刻家たちに大きな影響を与えた。東京高等工芸学校在学中の1929年に18歳で第16回二科展に初入選。早くから抽象彫刻を志した堀内は、戦争中に一時制作を中断するが、戦後、活動を再開させると、サンパウロ・ビエンナーレやインド・トリエンナーレなどにおいて、海外にも広く紹介された。
堀内は、抽象彫刻の分野にあって触覚的な感覚を意識的に取り入れ、身体の一部や身の回りにある形をヒントに作品を制作。なかでも《ウィンクするMiMiちゃん》(1967年)や《指の股もまた股である》(1968年)といった、鑑賞者が覗き込むことで完成する「のぞき(NOZOKI)」の逆読みから命名された「IKOZON」彫刻では、独自のエロスやユーモアが存分に発揮されている。
本展では、具象から抽象へと変化を遂げた1950年代に着目しつつ、初期から晩年までを約40点の彫刻作品でたどる。さらに堀内の思考の過程で生み出された紙彫刻(ペーパー・スカルプチュア)を多数展示し、機知とユーモアあふれる作品を創り出した作家の思考を紐解く。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日(12月24日、1月14日、2月11日は開館)、12月29日~1月3日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1200(1100)円、20歳未満・学生1050(950)円、65歳以上600円、高校生100円

※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(および介助者原則1名)は無料
※「堀内正和展 おもしろ楽しい心と形」をご覧の方は、同展の観覧券で同日に限りコレクション展「モダンなフォルム」もご覧いただけます。
※ファミリー・コミュニケーションの日(毎月第1日曜日:1月6日、2月3日、3月3日)は、18歳未満のお子様連れのご家族は割引料金(65歳以上の方を除く)でご覧いただけます。また同日は「会話を楽しむ日」となりますので、小さなお子様連れの方も、遠慮なくご覧ください。

出品作家

アプリで読む