Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

月の渡り鳥

天保の頃、下田の港の鳶職・銀平は、お市をひそかに想っていたが、お市が他の男を愛していると一人合点して旅に出てしまう。数年後、故郷に戻ってみると港はヤクザの丑松一家に仕切られ、お市も結婚して子供をもうけながら貧しい暮らしをしており、銀平は立ち上がる。長谷川伸の『鯉名の銀平』を原作にした任侠もの。

上映情報

ジャンル
人間ドラマ 日本映画
制作年・国
1951/日本
配給
大映京都
上映時間
83分

キャスト&スタッフ

アプリで読む