Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

熊谷守一 いのちを見つめて

19/4/20(土)~19/6/23(日)

群馬県立館林美術館

熊谷守一(1880-1977)は、明治から昭和の時代を生き、世代を超えて多くの人に愛されている画家だ。
岐阜県恵那郡付知村、現在の中津川市付知町に生まれた守一は、物心がつく頃まで山深い自然豊かな環境の中で育った。子供の頃から、絵を描くことが好きだった彼は、東京美術学校(現 東京藝術大学)に進み、西洋画科のアカデミックな指導を受ける。29歳のとき、文部省美術展覧会で褒状を受けるなど、画力を確かなものにし、画壇からも高く評価された。
平明かつ鮮やかな色面による守一の作品は、一目見てその特徴を掴むことができ、「モリカズ様式」と名付けられた。今では、「熊谷守一(クマガイモリカズ)」と聞くと人々がよく思い浮かべる様式として知られているが、実は、彼が70歳を過ぎて開花させた様式だ。青年期より50歳頃まで続いた荒い筆遣いの作風は、対象の形態をシンプルな輪郭線として塗り残す作風へと向かう。花、猫、鳥、虫などの「いのち」ある小さきものを真摯に見つめて描かれた守一の作品は、愛らしさを讃え、多くの人を魅了することとなった。
本展では、初期から晩年まで守一の画業の全貌を辿るとともに、日本画や書、素描も紹介し、その豊かな作品世界に迫る。約160点の作品を通して、他に類をみない境地に達した画家の魅力を感じていただける貴重な機会となるだろう。
※同時開催
コレクション展示「近現代の彫刻 I」
フランソワ・ポンポン関連資料より―ポンポンと東洋―
[別館・彫刻家のアトリエ] 

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般820(650)円、大高生410(320)円

※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む