Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特別展 没後190年記念 良寛さん その人と書

19/11/16(土)~20/1/31(金)

徳川美術館

名筆家であり歌人として親しまれた良寛(1758~1831)は、越後国出雲崎の名主の家に生まれるも、18歳で出家し、諸国を修行行脚した後に故郷に戻って名利にとらわれぬ清貧の生活を送った。子どもと戯れ、生けるモノ全てを慈しんで詩作・書に興じた生きざまとともに、良寛の遺墨は多くの人々に共感され、魅了し続けている。本展では、日本有数の良寛コレクター秘蔵の遺墨を中心に、新出の作品を加えて公開し、良寛の人となりを紹介する。
【前期】2019年11月16日(土)~12月15日(日)/【後期】2020年1月4日(土)~1月31日(金)

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(1/13は開館、12/16~1/3・1/14は休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1400円、高大生700円、小中生500円

※蓬左文庫「奏でる ―楽器と調べ―」展と共通
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日は小・中・高生入館無料

出品作家

良寛

お問い合わせ

アプリで読む