Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

日本の中世文書 ―機能と形と国際比較―

18/10/16(火)~18/12/9(日)

国立歴史民俗博物館

中世の古文書は、見て面白いもの。名前の書き方、印、紙の大きさや種類など、「くずし字」を読まなくても、見た目で分かること、平安時代の後期から安土桃山時代にかけてはさまざまな文書が作られた。
それぞれに興味深い意味がある。そして、日本の中世、およそ平安時代の後期から安土桃山時代にかけては、政権や社会が大きく変わり続け、それに応じて文書も変化し、さまざまな文書が作られた。
国立歴史民俗博物館は、数干点に上るバラエティーに富んだ中世文書を収蔵している。それを生かして、中世を中心に日本の文書の歴史をたどる。さらに、韓国や中国など東アジアの国々や海外で作られた文書やその複製を使い、国際比較も試みる。公文書の在り方が問われている今こそ必見。約260点の資料を通し、日本の文書の成り立ちがわかる「見て楽しむ古文書展」。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜16:30、月曜日休館(休日の場合は翌日が休館日) 

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般830(560)円 、高校生・大学生450(250)円 、小中学生無料

※(  )内は20名以上の団体 
※毎週土曜日は高校生は入館無料
※高校生及び大学生の方は、学生証等を提示(専門学校生など高校生及び大学生に相当する生徒、学生も同様)
※障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に入館が無料

お問い合わせ

アプリで読む