Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

長谷川繁個展「PAINTING」

19/3/23(土)~19/4/27(土)

S.O.C Satoko Oe Contemporary

徳岡神泉(1896-1972)は、「椿」(1922)という作品を残している(東京都近代美術館蔵)。102.1x86.8cmというさほど大きくない画面いっぱい、はみ出るほどに描かれた椿の木は、どこか不気味な、現実から切り離された様相で、花はただそこに咲き乱れ、生い茂る葉の一部は散り枯れている。
本展出品予定の長谷川の新作の一つに、きゅうりで縁取られたティーポットのようなものが描かれている作品がある。ティーポットは、ティーポットのようであってティーポットではなく(そもそもきゅうりも)、その上に潔い黄色で描かれている柑橘類の果実のようなものは、柑橘類の果実ではないかもしれない。画面を縁どるように塗られたグレーの色面は、布のドレープのようでもあり、丘陵線のようでもある。
長谷川が、「PAINTING」を展覧会タイトルにしたことからもわかるように、ここに展示されている作品はただ「絵画(PAINTING)」であること以外何ものでもなく、それ以上の何かを、と求めることは、邪推も甚だしいのかもしれない。
それでも長谷川の絵画に対し、爽快感と、砂利を噛んだような不快感を覚え、腑に落ちないもやもやしたもどかしさがつきまとい、自分が今何を見ているのか、作家はなぜ、これ、を描いたのか、少しでも手蔓を探そうとする。タイトルのない作品からは期待する情報が得られず、また絵の前に立ち返り、振り出しに戻ってしまい、堂々巡りのようだ。それはまるで、私たちが長谷川の絵画へ向き合う態度を試されているかのようで、緊張感を覚えずにはいられない。長谷川の絵画から得ようとした何かは、自らの中からしか引き出すことができず、ただ自らの知識量と感受性を認識させられる機会となる。
長谷川繁は何を描いているのか。
長谷川繁はなぜ描くのか。
ヨーロッパを拠点に長く活動していた長谷川は、「PAINTING」をどう捉え、何を自身の「PAINTING」と呼ぶのか徹底的に思考し、作品をただ自身の「絵画(PAINTING)」たらしめんとすることへの執着は狂気じみている。
本展では、旧作を含め長谷川繁の新作、近作を6点展示する。長い沈黙を破り9年ぶりの個展となる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00~19:00、日曜・月曜・祝日休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む