Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

【当面の間休廊】横溝静 「That Day あの日」

20/3/17(火)~20/4/25(土)

ワコウワークスオブアート

ワコウ・ワークス・オブ・アートではこの度、2020年3月17日(火)から4月25日(土)まで、イギリス在住の日本人作家・横溝 静(よこみぞ しずか)による7度目の個展『That Day あの日』を開催する。日本では5年ぶりとなる本展では照明効果と連動する映像作品を中心に、時間と記憶の行き先を問いかける新作を展示する。横溝は1966年に東京に生まれ、1995年にロンドン大学ゴールドスミス校の美術修士課程を卒業した。以後ロンドンを拠点に活動し、写真や映像の特性を用いることで自己と他者の関係性に注目した作品の発表を続けている。主に人物を被写体としてきた横溝の作品は、自己に還元できない他者の在り方や他者の構造を問いかけ、不可視の要素が内在するものを探りながら認識や実存という普遍的な課題に言及する。近年はその中でもイメージの起源や生成される契機に注目し、作品に文化人類学的な視点を織り込みながら言及先を人物像以外にも発展させている。
本展覧会は、緩やかに明滅する照明と連動した東北の海を舞台とする映像作品《That Day (あの日)》、毎日展示が替わる明け方の空の写真《Today / Yesterday》、 波の白黒写真《Waves》の、2020年に完成した3つの新作にて構成される。
映像作品《That Day》では、幼少期に父親が海辺で撮影した夏休みの家族写真と、同じ海辺で近年撮影した作家自身と母親の近影とが印画紙に現像される様が映し出される。現像液の静かな水音や海の音に記憶を辿るセリフがオーバーラップするこの作品は、現像の度合いが進行するにつれ展示室の照明が強まり、投射されるイメージが光にかきけされていく。セリフは作家自身の言葉でありながら日本語を知らない外国人がローマ字表記を頼りに読み上げ、不特定な音声として登場する。同時に展示される2点組みの写真作品《Today / Yesterday》は現在作家が暮らすロンドンの窓から見上げた明け方の空を2019年の3月から約2ヶ月に渡り撮影したものである。展示中にプリントが入れ替えられていく本作品や、映像内に登場する昔の家族写真の波の部分だけを引き伸ばした《Waves》とともに、時間と記憶の姿が多層的に浮かび上がる。
これまでの作風とは異なり自らの私的な領域を舞台とする本展では、抽象化された私的な物語が、作品を通じて私達それぞれの時間と結びつき共有され、記憶の根底に根付くイメージの存在への問いかけが浮かびあがり始める。個人の経験と、個人を超えた経験それぞれを構成する記憶の構造を頼りに時間や記憶という見えないものが私達をどう形作っていくのかを見つめる本展を、この機会に見ることができる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~16:00、日曜・月曜・祝日休廊
※来場はアポイントメント制

料金

無料

出品作家

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む