Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

近代日本の美人画展

19/5/25(土)~19/7/15(月)

講談社野間記念館

美人画といえば、すぐ想起されるのは、江戸期浮世絵に描かれた絢爛たる表現かもしれないが、近代美人画家のひとり、伊東深水は、明治末から大正期、鏑木清方や上村松園、北野恒富らの活躍していた文展を想い起こしながら、美人画という名称の発端を語っている。そこでは、はじめ浮世絵に学び、その後、新しい時代にふさわしい絵画を創造する研鑽に邁進した近代日本画家たちによる、新たな女性像の表現がうかがえる。そしてその真摯なまなざしこそが、当時大きな注目を集めた一因となったのかもしれない。本展では、「東の清方、西の松園」と称された美人画の双璧、鏑木清方、上村松園の作品をはじめ、個性豊かに競われた女性美の世界を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜・火曜日休館(祝休日の場合は水曜日以降に振替)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般500円、学生300円、小学生以下無料

※20名様から団体割引あり(要・事前連絡)
※障害者手帳提示者および同伴者1名様は無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む