Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

日本フィルハーモニー交響楽団 コバケン・ワールドVol.24

20/1/25(土)

東京芸術劇場 コンサートホール

新年の幕開けはやはり《新世界》! J.シュトラウスの軽快で喜びにあふれたワルツ《春の声》に導かれながらコンサートは始まります。優美さとともに哀感すら漂うメロディックなメンデルスゾーンのコンチェルトではご存知、千住真理子がソロを務める。彼女の奏でるストラディヴァリウスの銘器「デュランティ」のサウンドを心ゆくまでご堪能ください。そして後半は永遠の傑作ドヴォルジャークの《新世界》交響曲を。小林研一郎と日本フィルのコンビでは既に数えきれないくらいの回数を共演してきたこの作品。練りに練り上げらた究極の《新世界》とともに2020年のオリンピックイヤーが幕開けです。

J.シュトラウスⅡ世:ワルツ《春の声》/メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 op.64/マスネ:タイスの瞑想曲 *小林氏によるピアノ伴奏/クライスラー:美しきロスマリン/ドヴォルジャーク:交響曲第9番 ホ短調 op.95《新世界より》

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。

料金

S席-6,800円
A席-5,300円
B席-4,200円
P席-3,200円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

お問い合わせ

アプリで読む