Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ヨーロッパの美しい意匠 ー装飾を中心にー

19/11/2(土)~19/12/15(日)

遠山記念館

ヨーロッパ伝統の染色技術から生まれた重厚なタベストリーや華やかなブロケード(錦)、ビロードなどの織物、精緻な刺繍、美麗なレース。館蔵コレクションの中から18世紀から20世紀にかけてのヨーロッパの服飾を中心に展示し、それぞれの時代を代表する服飾技術やデザインの粋をご覧いただく。なかでも天上の光を集めたように煌びやかなブロケードの祭礼用司祭服(18世紀)や貴族の男性が着用しおしゃれを競った花や昆虫模様の刺繍ベスト(18世紀)には、フランスの洗練された美意識と技の結集が見られる。
あわせて新大陸で花開いたヨーロッパ染織文化の一例として清楚なアメリカの婚礼衣装(19ー20世紀)も展示。
伝統を踏まえつつ更なる美の高みを目指したマリア・モチガ・ガレンガやマリアノ・フォルチュニ等20世紀前半のデザイナーたちの衣装や工芸品も見逃せない。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜16:30、月曜日休館(祝祭日の場合は開館、翌日休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

大人700円(560円)、学生(高校・大学)500円(400円)

※中学生以下は無料
※( )内は20名様以上の団体料金
※障害者手帳をお持ちの方は200円割引

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む