Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

大尉の娘

大学教授、演劇活動などの経歴を経て1934年映画界入り、1935年「長崎留学生」で監督デビューした女性映画の名手・野淵昶による第3作。1914年公開のドイツ映画「憲兵モエビウス」が日本の新派に翻訳されたものを、再映画化した作品。信州の田舎村を舞台に、退役軍人の娘が村長の息子の子を宿したにもかかわらず、冷たくあしらわれていく様を描く。

上映情報

ジャンル
人間ドラマ 日本映画
制作年・国
1936/日本
配給
芸術座=松竹興行現代劇部=新興キネマ東京
上映時間
76分

キャスト&スタッフ

アプリで読む