Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

上野友幸「The world goes on」

20/11/27(金)~20/12/26(土)

hpgrp GALLERY TOKYO

上野友幸は東京芸術大学大学院を修了後、2009年からベルリンを拠点に国内外で活躍するアーティストである。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生、ポーラ美術振興財団在外研修員としてベルリン芸術大学を修了し、2017年よりクンストラーハウス・ベタニエンにて一年間のレジデンスに参加するなど着実に実績を積み、2018年にはモスクワ・ビエンナーレ・フォー・ヤングアートに選出されている。
同展覧会に出品する大理石や化石、蝶の標本や枝といった自然素材から作り出される作品には、芸術と日常を接続しようとする上野の強い意志が感じられる。
同展覧会では変わりゆくものと変わらないものを対照的に見せており、蝶のコラージュやこの帰国中に拾い集めた小枝を繋ぎ合わせた作品は朽ちていくことを暗示させると同時に、繰り返される生命を感じとることも出来る。現在、パンデミックが私たちの日常に大きな影響を及ぼし、「The world goes on」というテーマが示すように、世界は変わり続ける。しかし、その変わり続けることで維持されているものにこそ我々は普遍を見つけることが出来るのだ。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00~19:30
日・月・火休み

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む