Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

弥生室内管弦楽団 第51回演奏会

19/10/20(日)

第一生命ホール

弥生室内管弦楽団は今年創設35周年。室内管弦楽団らしからずベルリオーズの幻想交響曲を演奏。ベルリオーズの指定する楽器編成を忠実に履行するのは非常に困難であり、ベートーヴェンの死後僅か3年の1830年、突然変異的に作曲された、猟奇的な設定の異常な作品。ハイドンは第1ザロモン・セットの中で一番最後に書かれたとされる第97番。ハイドンが残した最後のハ長調の交響曲で、ベートーヴェンを想わせる力強い響きにあふれた渾身の名作。第2楽章では当時では珍しいスル・ポンティチェロ奏法(超絶技巧)の指定があります。モーツァルトが秘密結社フリーメイソン会員であったことは大変有名で、フリーメイソンのために多くの曲を残していますが、最も有名なのはこの葬送音楽です。今回のプログラムは不揃いのなようで、ハ長調とハ短調の曲での統一感を持たせている。

モーツァルト:フリーメイソンのための葬送音楽 ハ短調 K.477(479a)[初稿]/ハイドン:交響曲第97番 ハ長調/ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14

公演情報

ジャンル
オーケストラ

料金

全席自由-2,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

指揮
小出英樹

管弦楽:弥生室内管弦楽団

お問い合わせ

アプリで読む