Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

没後30年 須田剋太展 SUDA Kokuta MANDALA

20/10/2(金)~20/11/29(日)

パラミタミュージアム

須田剋太「舞妓二人」1977年

埼玉県に生まれ育ち、戦中に関西に移り住んだ須田剋太(1906~1990)。
世界の現代美術の動向と足並みをそろえるように、力強く、造形性豊かな抽象画を描き高い評価を得た。
「週刊朝日」に連載の司馬遼太郎『街道をゆく』の挿絵を1971年から1990年に亡くなるまで担当したことでも有名になった。
今回は須田剋太の絵画作品の全貌57点、書10点とともに、特集展示として司馬遼太郎『街道をゆく』の挿絵原画33点を展示する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:30、会期中無休

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1000円(4枚セット3000円)、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料

※障害者手帳をお持ちの方無料(美術館受付にてご提示ください)

出品作家

お問い合わせ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む