Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

時代の転換と美術「大正」とその前後

19/9/18(水)~19/10/20(日)

和歌山県立近代美術館

同館では和歌山県ゆかりの人物を軸に、大正時代に活躍した作家やグループに関わる展覧会を継続して開催してきた。それらの展覧会を通して作品や資料の収集が進んだことにより、大正時代とその前後にわたる時期の充実したコレクションが形成されつつある。この展覧会では、そのコレクションの中から洋画と版画を中心とした作品を、同時期の社会と人に関わるテーマを通して紹介する。
大正は、1912年7月から1926年12月までの14年あまり、大正天皇が在位していた期間の元号。過去のある連続した時間のまとまりを、文明や社会、政治体制など、特定の観点によって区切ったものが時代だが、一世一元の制が定着した近代以降の日本においては、元号がそのまま時代区分として機能してきた。
元号が改まったからといって、ある日を境に人や社会が激変する訳でないことは、私たちが身をもって体験したばかりだ。しかし、大正時代を中心にその前後を見渡してみれば、大逆事件、第一次世界大戦、本格的な政党内閣の成立、関東大震災、普通選挙法と治安維持法の公布、満州事変など、国際的にも国内的にも、見方によっては時代の転換点と言えるような出来事が続いた。
美術作品が人間の作り出すものである以上、ある時に起こった大きな出来事や、社会的、文化的な流行などが、その表現やテーマに影響を与えることはしばしばある。もちろん作品の特徴を時代と結びつけるのは一面的な見方ではあるが、作り手の意図する/しないに関わらず、作品からは当時の人や社会のあり方、またそれらが変化する様子を読み取ることもできるだろう。
元号が改められた本年、美術作品を通しておよそ100年前を振り返ることで、近代から現代に至る時代のつながりと変化を、改めて見つめ直したいと思う。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日(ただし9月23日、10月14日は開館)、9月24日(火)、10月15日(火)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般510(410)円、大学生300(250)円

※消費税率変更に伴い10月1日より、一般520(410)円、大学生300(260)円
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下、65歳以上の方、障害者、県内に在学中の外国人留学生は無料
※毎月第4土曜日(9月28日)は「紀陽文化財団の日」として大学生無料

出品作家

ほか

お問い合わせ

アプリで読む