Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

東京都交響楽団 第893回 定期演奏会Aシリーズ

19/12/9(月)

東京文化会館 大ホール

ソロ・コンサートマスター矢部達哉が独奏をつとめるバルトークのヴァイオリン協奏曲第1番を囲むように、珠玉の逸品が並ぶプログラム。リストのピアノ曲《悲しみのゴンドラ》はアダムズの絶妙なオーケストレーションによって深みと色彩を与えられ、クープランのクラヴサン曲(「気晴らし」「手品」「煉獄の魂」)は、アデスの天才的なアイデアによって単なる編曲を超えた室内管弦楽のための傑作に生まれ変わった。そしてコンサートの最後は、ハイドンの遊び心にあふれた交響曲第90番が快活に締めくくる。まさにギルバートのセンスとアイデアが光るプログラム。多彩な作品で都響の緻密で美しいアンサンブルに期待。

リスト(アダムズ編曲):悲しみのゴンドラ/バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番 Sz.36/アデス:クープランからの3つの習作(2006)(日本初演) /ハイドン:交響曲第90番 ハ長調 Hob.I:90

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。

料金

S席-7,500円
A席-6,500円
B席-5,500円
C席-4,500円
Ex席-3,200円

表示できるチケット情報はありません
詳しくはこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

指揮
ヴァイオリン
管弦楽

お問い合わせ

アプリで読む