Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

人生劇場 飛車角と吉良常

1936年に「人生劇場(青春編)」を映画化し、成功させた日活で足場を固めた内田は、以後名作・力作を続けて送り出し、日本を代表する監督の一人になっていくが、今回は原作の第3部にあたる「残侠編」を中心とした映画化。当時、隆盛をきわめていた東映任侠ヤクザ映画の1本として企画されたものを、内田は情感あふれる格調ある作品に仕上げた。ラストの殴り込みのシーンは、東映ヤクザ映画のセオリーだが、脇役に至るまで魅力的な登場人物を配し、出演者の個性を生かした演出で巨匠の本領を見せつけた。

上映情報

ジャンル
日本映画
制作年・国
1968/日本
配給
東映=東映東京
上映時間
109分

キャスト&スタッフ

アプリで読む