Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

リエゾン

20/10/18(日)~20/11/15(日)

ギャラリーあしやシューレ

不完全に歪んだり欠けたりしているものに美を見出した「見立て」。意図して作られたものでなく、意図せずに出来上がった偶然の美を見極めた茶人の審美眼。中世の室町時代から安土桃山時代にかけて、茶人や時の為政者らによって、日本独自の美意識は培われていった。
谷穹は、古信楽を追い求めるうちに、世阿弥周辺の特権的な人々だけでなく、「古信楽」を生んだ陶工や農民にも、日本独自の幽玄思想が確実に根付いていたことを確信する。
伝世の古美術品を引用した「写し」。コンセプチュアルな思考の器としての「オブジェ陶」。陶芸を用いた現代美術の手法は、近年限りなく多様化してきた。さまざまな声色を使い分けたり、前衛陶芸に見られるハプニングの発見など、陶芸と現代オブジェの越境の試みは多岐にわたって行われている。
こうしたムーブメントの中にあって、谷穹は異次元の場に佇んでいる。
近年取り組んできた、古信楽の幽玄思想に迫る探求も爽やかに乗り越えたかのように、谷穹はひたすら壺の内側に向かっている。
それは、壺の内面に奥深く入り込み、空間に存在する「気配の纏わり」を追いかけながら、日本独自の精神性を探る試みといって良いだろう。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~17:00
木、金、土休み

料金

無料

出品作家

アプリで読む