Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

奥の細道330年 芭蕉

19/8/31(土)~19/9/29(日)

出光美術館

江戸時代前期に活躍した俳人・松尾芭蕉(1644-94)は、元禄2年(1689)3月下旬に江戸を出立して、松島・平泉を巡り、出羽の各地を遊歴した。その後、越後・越中・越前を経て、8月下旬に美濃大垣へと至る。この旅をもとに、元禄7年(1694)の4月に紀行文『おくのほそ道』が編まれた。今年は、芭蕉が奥の細道の旅に出て330年。これを記念して、芭蕉の書画や芭蕉を敬慕する者たちの作品を展示し、俳諧にまつわる美術を楽しむことができる。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~17:00、月曜日休館(9月16日、9月23日は開館)

※金曜日は19:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1000円、高大生700円、中学生以下無料(保護者の同伴が必要)

※団体20名以上は各200円引き
※障害者手帳をお持ちの方は200円引、その介護者1名は無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む