Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

書物にみる海外交流の歴史~本が開いた異国の扉~

19/6/22(土)~19/8/4(日)

静嘉堂文庫美術館

2020年、いよいよ東京でオリンピックが開催される。この大イベントを控え、改めて日本と海外との交流の歴史を、本を通して振り返ってみようという展示だ。
周囲を海に囲まれた国、日本。しかしそれにも関わらず、この列島はその長い歴史を通して他国との往来が途絶えたことはなかった。日本文化の根幹を成す漢字・仏教なども、言うまでもなく“外来文化”だった。日本の歴史と文化は、絶え間なく続けられてきた海外との交流の中で育まれてきたものと言えるだろう。古代以来、我が国の文化は大陸や半島の影響を大きく受けてきた。更に江戸時代には西洋からもたらされる情報も大きな力を持つようになった。では、それらの交流は、どのような形で本の中に現れているのだろうか。
本展では、日本の歴史と文化の基層を成す海外との多彩な交流の姿を、さまざまな書物の中で辿る。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜16:30、月曜日(ただし7月15日は開館)、7月16日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1000円、大高生700円、中学生以下無料

※20名様以上の団体は200円割引
※障害者手帳提示の方および同伴者1名700円(500円)

お問い合わせ

アプリで読む