Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

文豪・泉鏡花×球体関節人形 ~迷宮、神隠し、魔界の女~

18/7/1(日)~18/9/24(月)

弥生美術館

泉鏡花(1873~1939)は、明治後期から昭和初期にかけて活躍した文学者。神なのか、魔物なのか、人なのか・・・鏡花文学の謎めいた女人たちの存在は、人形と通じ合うものがある。人形もまた本来は無機質なものながら、命あるものの気配を漂わせる不可思議な存在である。特に、「球体関節人形」という、現代の「活き人形」と言うべきリアルな人形には、「本当に生きているのかもしれない」「心があるのかもしれない」と錯覚させられるほどの存在感があり、見る者は圧倒させられる。球体関節人形の草分け的な存在である吉田良と、その指導を受けたピグマリオンの作家が、鏡花文学のヒロインたちを人形に制作した。また、明治~大正期に鏡花作品を飾った木版、石版口絵、肉筆の手紙などで鏡花の人生と文学を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~17:00(※入館は閉館の30分前まで)、月曜日休館(※ただし、7/16(月・祝)、8/13(月)、9/17・24(月・祝)開館、7/17、9/18(火)休館)

料金

一般900円、大・高生800円、中・小生400円

※竹久夢二美術館も観覧可能

出品作家

アプリで読む