Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

岡本神草の時代展

18/5/30(水)~18/7/8(日)

千葉市美術館

岡本神草は明治27年神戸市に生まれる。彼は京都市立美術工芸学校絵画科を卒業後、京都市立絵画専門学校に進学。最初は当時広く流行していた新南画風の作品を描いていたが、大正5年頃から生涯のモティーフとなった舞妓を竹久夢二風に描くようになった。その世界は浮世絵の影響を受けてしだいに濃厚な官能性を帯びるようになり、大正7年の第1回国画創作協会展(国展)に入選した《口紅》によって一気に開花し、新興美人画作家として注目を集めた。今回は《口紅》、《拳を打てる三人の舞妓の習作》等のこれまでに知られている作品をはじめ、寡作で知られる岡本神草の数少ない完成作を可能な限り集め、素描・下図・資料類約100点の他に甲斐庄楠音など共に競い合った仲間や師の契月などの作品も展示する。
本展覧会は昨秋京都国立近代美術館で開催され、大きな反響を呼び、東日本で唯一本展を開催する千葉市美術館は、巡回の最終会場となる。※会期中、展示替えを行う。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~18:00 (入館は閉館の30分前まで、金・土曜日は20:00まで)、6月4日(月)、18日(月)、7月2日(月)

料金

一般1000円、大学生700円、小・中学生・高校生無料

※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む