Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Dazzled signs / 純粋な標識(カモフラージュ) , 2019

狩野哲郎「測地とカモフラージュ、すべての部分が固有の形になる」

19/4/20(土)~19/5/25(土)

ユカ・ツルノ・ギャラリー

ユカ・ツルノ・ギャラリーは、狩野哲郎の個展「測地とカモフラージュ、すべての部分が固有の形になる / Surveying, Camouflage, and Every Part Unique」を2019年4月20日(土)から5月25日(土)まで開催する。本ギャラリーでの2年ぶりとなる本個展では、東京や鳥取を始め、アメリカ、シンガポール、フィンランド、ノルウェーなど世界各地での滞在制作や旅先の中で採集された素材とその経験を取り入れながら、これまでの狩野の取り組みを更新していくかのように発展した新たな平面作品と彫刻のインスタレーションを発表する。
狩野は一貫して生物学者ヤーコプ・フォン・ユクスキュルの環世界の概念をもとに、各々の生物がそれぞれの知覚によって見出す世界の多様性に興味をもってきている。作品では頻繁に“木”や“鳥”、“植物”が言及され素材としても多く使われているが、それは人間にとって一本の木として知覚されるものが鳥や植物といった異なる知覚や生態を持つ生物にとっては全く違う役割を果たしているという環世界の象徴として表れている。狩野はその思弁的な思考を、身の回りの日用品や道具を用いながら、人間によって意味付けされてきた記号や価値、空間的な役割を解体した上で新たな環境の創造として実践してきた。その実践は、屋外に広がる外部環境に溶け込むように形成されるサイトスペシフィックなインスタレーションや、鳥や植物を内包することによって作家の意図を超えて推移するインスタレーション、細やかな部分が繊細に均衡を保たれた彫刻、定型的なパターンやシールを使いながらも独自の形態を生み出していくドローインなどとして展開されてきた。
2017年以降は、建築学者/建築家のクリストファー・アレグザンダーの提唱した、生態に即して時間をかけて作り上げられる豊かなで複雑なセミ・ラティス構造の「自然都市」に、環境としての”木”を重ね合わせるようになる。同時に、宙に吊り下げられたモビール作品を作り出すようになったことから、断片的な部分が全体としていかに形成されていくかという構造自体にもより重点が置かれるようにもなったと言えるだろう。また、新たなシリーズ「Every Part Unique / すべての部分が固有の形になる」は、鳥取のHospitale Projectや府中市美術館での滞在制作の中で培われたもので、“作業机の上の素材-テンポラリーなインスタレーション-確定された彫刻”を行き来する状態として、これまでの狩野の思考/試行と作品としての実践を同時に試みたものである。
本展では、世界各地での滞在制作後、今年の始めに宮城県美術館でのグループ展にて発表した作品とともに、未発表の新作作品を展示する。これまでの制作におけるマクロとミクロが独自に混じり合った感覚はより研ぎ澄まされ、使用される素材も、北海道や東京近郊で集められた枝や木の葉、木の実、動物の角や牙、鳥取や沖縄の海の漂着物、インドネシアのガラス、アラビアの天然樹脂、西ヨーロッパの瓦礫など多岐にわたるようになっている。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~18:00(金曜は20:00まで)、日曜・月曜・祝日休廊

料金

無料

出品作家

アプリで読む