Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

アイン・アンガー 東京春祭歌曲シリーズ vol.26/東京・春・音楽祭2019

19/4/8(月)

東京文化会館小ホール

東京春祭ワーグナー・シリーズでもお馴染みのバス歌手アイン・アンガーが、満を持してお届けする歌曲の夕べ。著名なオペラハウスや音楽祭から絶賛されている、深く温かみのある声が春の宵を満たします。

R.シュトラウス:モロズスのモノローグ「音楽とはなんと美しいものだろう」(歌劇《無口な女》op.80より)/シューベルト:さすらい人 D489、プロメテウス D674、影法師(歌曲集《白鳥の歌》D957より)、死と乙女 D531/レーヴェ:魔王(《3つのバラード》op.1より)、海を行くオーディン op.118/シューマン:2人の擲弾兵(《ロマンスとバラード》第2集 op.49より)/ベートーヴェン:メフィストの蚤の歌(《6つの歌》 op.75より)/ムソルグスキー:《死の歌と踊り》第1曲 子守歌、 第2曲 セレナード、第3曲 トレパーク、第4曲 司令官/グリンカ:疑い/チャイコフスキー:祝福あれ、森よ(《7つのロマンス》 op.47より)/ムソルグスキー:蚤の歌
 ※順不同

公演情報

ジャンル
フェスティバル 声楽

料金

S席:6,200円
A席:4,600円
U-25:1,500円

※ U-25チケットは、公式サイトのみでの取扱い

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

バス:アイン・アンガー/ピアノ:クリスティン・オーカールンド

アプリで読む