Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

朱泥(大頭)倶輪珠茶銚の仕覆「紋尽手古渡更紗」「黄地草花文金更紗」 静嘉堂文庫美術館蔵

名物裂と古渡り更紗

19/11/2(土)~19/12/15(日)

静嘉堂文庫美術館

本展は、静嘉堂では初めての、“染織”をテーマとした展覧会。
わが国特有の発達をみせた茶の湯文化、そして文人の嗜みとして流行した煎茶文化の世界では、中国をはじめ海外から広く舶載された文物を用い、大切に伝えてきた。その内には「金襴(きんらん)」「緞子(どんす)」「間道(かんどう)」など、今日“名物裂(めいぶつぎれ)”と総称されているような高級な染織品も含まれ、それらは室町時代以降の唐物賞玩のなかで、絵画・墨蹟の表具裂や、茶入を包む袋、「仕覆(しふく)」(仕服)となり、茶人たちの鑑賞の対象となった。
また江戸時代以降、型や手描きによる草花・鳥獣・幾何学文様などを色鮮やかに染めた木綿布“更紗(さらさ)”が、ポルトガルやオランダの南蛮船や紅毛(こうもう)船、中国船などによってもたらされると、これも数寄者たちを大いに魅了した。とりわけ江戸時代中期頃までに輸入されたインド製更紗の一群は、後世“古渡り更紗”と呼ばれ、茶道具では箱の包み裂(つつみぎれ)に、煎茶道具では、茶銚(ちゃちょう)・茶心壺(ちゃしんこ)などの仕覆や敷物として重用された。
永い歴史をへて、今日に美しいデザイン、繊細な手の技を伝える染織の優品を、この機会にご堪能いただきたい。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜16:30、月曜日休館(11月4日は開館)、11月5日(火)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1000円、大高生700円、中学生以下無料

※20名様以上の団体は200円割引
※障害者手帳提示の方および同伴者1名700円

お問い合わせ

アプリで読む