Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

19/10/12(土)~20/1/13(月)

京都文化博物館

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。彼が紡ぎだした、「線の魔術」ともいえる華やかな作品は、没後80年経った今なお、世界中の人たちを魅了し続けている。
本展では、ミュシャが手がけたポスターなどのグラフィック作品はもとより、ミュシャ幼少期の作品、蔵書や工芸品、アトリエで撮影された写真、祖国チェコへの想いを込めた作品などを通して、ミュシャの多様な魅力に迫る。ほかにも、ミュシャの作品から影響を受けた明治期の文芸誌から、1960-70年代のイギリス・アメリカを席巻したグラフィック・アート作品、日本のマンガ家やイラストレーターの作品まで、およそ250点を展示。
時代を超えて愛される画家の秘密をひも解く、これまでにないミュシャ展だ。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)、12月28日(土)〜2020年1月3日(金)年末年始休館

※金曜日は19:30まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1500円(1300円)、大高生1200円(1000円)、中小生500円(300円)

※( )は前売券及び20名以上の団体料金
※未就学児は無料。(要保護者同伴)
※障害者手帳等をご提示の方と付き添い1人までは無料
※学生料金で入場の際には学生証をご提示ください
※上記料金で、2階総合展示と3階フィルムシアターもご覧いただけます。(催事により有料の場合があります)

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む