Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特別展 ウィリアム・モリス 英国の風景とともにめぐるデザインの軌跡

19/9/14(土)~19/10/27(日)

四日市市立博物館

19世紀の英国を代表する芸術家ウィリアム・モリス(William Morris, 1834-1896)は、デザイナー、詩人、社会思想家、経営者など多彩な分野で活躍した。ロンドン北東の郊外に生まれ、モールバラ・カレッジやオックスフォード大学に学んだモリスは、建築家、次いで画家を志したのち装飾美術に身をささげる決心をする。産業革命により大量生産品があふれた時代のなか、モリスは丁寧な手仕事を愛し、デザインから制作、経営に至るまでを自ら手がけた。アーツ・アンド・クラフツ運動の最大の先駆者であり、「モダン・デザインの父」と呼ばれたモリスとその仲間たちが手がけたデザインは、現代でも多くの人々に愛されている。
またモリスの制作活動は、その時々の住まい、学び、働いた場所に大きく影響を受けた。本展ではモリスの制作活動の源になった美しい英国の風景を、写真家・織作峰子さんが撮影した写真とともに紹介する。モリスの生涯とデザインの軌跡を、約100点の作品とともに楽しんでほしい。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日休館(祝休日の場合は翌平日)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1000円、高・大生800円、中学生以下無料

※団体(有料観覧者20人以上)は2割引
※障害者は5割引
※ミュージアムマイスターカードの提示で2割引

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む