Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

中嶋朋子が誘う音楽劇紀行 第六夜:ミュージカル/バロック・オペラからミュージカルへ~音楽劇の歴史を追う

19/2/2(土)~19/2/3(日)

HAKUJU HALL

第六夜のメインテーマは「ミュージカル」。3オクターブを越える魅惑のクリスタルヴォイスと胸に響く表現でますます活躍の場を広げるアーティストサラ・オレイン、ジャンルを越える美声と確かな歌唱力で一躍ミュージカル界の寵児となった中川晃教、柔らかくしなやかな歌声で繊細な表現を聴かせるソプラノ三宅理恵、幅広い音楽性と安定の歌唱で聴衆の心を奪い、存在感を増す注目のバリトン加耒徹が出演し、ミュージカルナンバーをはじめ、多彩な音楽劇の魅力をお届けします。各時代をつなぎ、語りや演技によって音楽劇に彩りを加えるのは、女優・中嶋朋子。言わずと知れた名作「フィガロの結婚」をはじめ、メインテーマのミュージカルでは、1940~50年代の人気作品「王様と私」から、日本でもなじみの深い「ウエストサイド物語」や「レ・ミゼラブル」といった名作を取り上げ、現代に息づく音楽劇をドラマチックにお贈りします。Hakuju Hallでしか観ることができない豪華メンバーによる夢のひとときにどうぞご期待ください。

ヘンデル:歌劇「リナルド」より “私を泣かせてください” /ヴィヴァルディ:歌劇「ティート・マンリオ」より“戦いをしたがる心が”/モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」より “愛の神よ、安らぎをお与えください”/ロッシーニ:歌劇「イタリアのトルコ人」より“これ以上に馬鹿げたことはないわ”/チャイコフスキー:歌劇「スペードの女王」より“あなたを愛しています”/トマ:歌劇「ハムレット」より“遊びの仲間に入れてください” /スッペ:喜歌劇「ボッカチオ」より“あそこに立っている若者は”/アーレン:映画「オズの魔法使い」より“虹の彼方に”/ロジャース:ミュージカル「王様と私」より“シャル・ウィー・ダンス?” /ルグラン:映画「ロシュフォールの恋人たち」より“双子姉妹の歌”/メンケン:ミュージカル「美女と野獣」より“愛せねば” /ワイルドホーン:ミュージカル「ジキルとハイド」より“時が来た” /ロイド=ウェバー:ミュージカル「キャッツ」より“メモリー”/バーンスタイン:ミュージカル「ウエストサイド物語」より“きっとどこかに” /シェーンベルク:ミュージカル「レ・ミゼラブル」より“オン・マイ・オウン”/シェーンベルク:ミュージカル「ミス・サイゴン」より“世界が終わる夜のように”/ゴーディオ:ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」より“君の瞳に恋してる”/マニュエル=ミランダ:ミュージカル「ハミルトン」より“歴史があなたを見ている”

公演情報

ジャンル
その他 声楽

料金

全席指定:8,000円

キャスト&スタッフ

案内人
中嶋朋子
ピアノ
加藤昌則
ソプラノ
三宅理恵
バリトン
加耒徹
総合プロデューサー
田尾下哲

出演:サラ・オレイン/中川晃教

アプリで読む