Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ミュシャと日本、日本とオルリク

19/9/7(土)~19/10/20(日)

千葉市美術館

この展覧会は、アルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha 1860–1939)とエミール・オルリク(Emil Orlik 1870 –1932)というチェコ出身のふたりのアーティストに光をあて、ジャポニスム(日本趣味)の時代に出発した彼らの作品と、彼らから影響を受けた日本の作家たち、さらにはオルリクに木版画を学んだドイツ語圏の作家たちを取りあげ、グラフィックを舞台に展開した東西の影響関係を観察しようとするもの。
ミュシャは、ジャポニスムに湧くパリで、女優サラ・ベルナールを描いた《ジスモンダ》に始まる一連のポスターで名を馳せた。その評判はすぐさま日本に伝わり、ミュシャの女性像は1900年創刊の雑誌『明星』で紹介されて白馬会を中心とする日本の画家たちー藤島武二や中沢弘光らに絶大な影響を与えた。一方のオルリクは、プラハに生まれ、ベルリンやウィーンでジャポニスムの潮流にふれて日本への憧れを募らせた。
そして1900年から翌年にかけて来日、浮世絵版画の彫りや摺りを学び、帰国して多くの後進を木版制作に駆り立てる。また、滞日期に手がけた石版画が、白馬会展に出品されて雑誌『方寸』に集った作家たちを大いに刺激したことも知られている。
こうした1900年前後の影響関係は、グラフィックを介したジャポニスムとその還流と捉えることができる。本展ではミュシャとオルリクに加え、背景としてのチェコのジャポニスムを紹介するほか、ウィーン分離派の周辺作家やヴォイチェフ・プライシグ、タヴィーク=フランティシェク・シモン、ヴァルター・クレム、カール・ティーマンらの作品を、雑誌『明星』や『方寸』周辺の作品と合わせ、グラフィックならではの、即時的で双方向な東西の芸術交流のさまを検証する。
※会期中大幅な展示替えあり

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、9月30日(月)、10月7日(月)休館

※金、土曜日は20:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般1200円(960円)、大学生700円(560円)、小・中学生、高校生無料

※オープニング記念割引:9月7日(土)の初日は観覧料半額
※10月18日(金)は「市民の日」につき観覧無料
※( )前売り、団体20名以上、市内在住65歳以上の方の料金
※小・中学生・高校生は、すべての展覧会が無料
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は、すべての展覧会が無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む