Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特集展示「変わりゆく結婚式と近代化」

18/12/11(火)~19/5/12(日)

国立歴史民俗博物館

近世の身分制社会では、必ずしもすべての人が結婚するわけではなかった。しかし、近代になると、基本的に誰もが結婚する社会となっていく。このような変化の中で、結婚式の形態も変わっていきた。第一の大きな変化は、近代以降、結婚式に宗教者が関わる儀礼が中心となっていった点。欧米の結婚式の影響を受け、神前結婚式が考案され上流から広まり、戦後になるとほとんどの人が神前結婚式を行うようになる。しかし1990年代以降、神前結婚式からチャペル式結婚式に変わっていく。個人の信仰とは必ずしも結びつかないものの、宗教者の関与した結婚式が依然として続いていることには変わりない。
第二に、こうした結婚式が浸透するとともに、挙式披露宴というパターンができ、それに対応した儀礼空間が成立する。従来の結婚式は数日にわたって儀礼が続いていたが、式場の変化とともに挙式披露宴を同じ場所で同日に行うようになっていく。そのための結婚式場が成立した。
第三に、結婚式を支える様々な流通、情報、サービスに関する産業が成立していった。近代ではデパートによって、婚礼用品の流行が作りだされた。またホテルや宴会場は、披露宴だけでなく式場も併設するようになる。戦後には、公共施設や冠婚葬祭互助会が結婚式場を積極的に設置し、ブライダルコーディネーターなども誕生。現在では結婚情報誌によって結婚式の個性化が打ち出されている。
ところで現在、社会的には結婚式をしない、もしくは結婚をしないという状況も生まれる中で、結婚式の捉え方も変わっている。こうした近代以降の結婚式の変遷について関連する資料を提示し、人々にとって結婚式とは、また結婚とは何かについて考えていく。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜16:30(2月まで)、9:30〜17:00(3月から)、月曜日(祝日の場合は翌日休館)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般420(350)円、高校生・大学生250(200)円、中学生以下無料

※(  )内は20名以上の団体
※総合展示もあわせてご覧になれます。
※毎週土曜日は、高校生の入館が無料です。

お問い合わせ

アプリで読む