Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

美人画の時代―春信から歌麿、そして清方へ―

19/10/5(土)~19/11/24(日)

町田市立国際版画美術館

数々のスター絵師が活躍した、18世紀後半の浮世絵界。天明・寛政(1781-1801)を中心とするこの時期は、いつからか浮世絵史の「黄金期」として親しまれてきた。その中心となったのが、人物を美しく活き活きと描いた「美人画」だ。鈴木春信(1725?-70)以降、礒田湖龍斎(1735-?)、勝川春章(1743-92)、鳥居清長(1752-1815)、喜多川歌麿(1753?-1806)、鳥文斎栄之(1756-1829)ら、個性豊かな絵師が次々と登場し、理想の美人像を追い求めた。
描かれたのは評判の遊女や町娘、若衆と呼ばれる若い男性、愛情あふれる母子や恋人たちの姿。さらに憧れの的でもあった女形の「役者絵」や、人間の性愛を時に美しく描いた「春画」にも美人表現がみられる。
本展は、この「美人画の時代」の軌跡を、約230点の版画、版本、肉筆画で辿るもの。時を経て、天明・寛政が「黄金期」として高く評価されてゆくなか、鏑木清方や上村松園ら近代の画家たちが往時の美人画に想を得ていたことにも目を向ける。「黄金期」の美人画とは何だったのか―、その普遍的な魅力を、現代のわたしたちの視点を通して考える。
※一部展示替えあり
前期:10月5日(土)~10月27日(日)/後期:10月29日(火)~11月24日(日)

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日休館(10月14日(月・祝)、11月4日(月・振休)は開館し、翌10月15日、11月5日(火)は休館)

※土・日・祝日は17:30まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般900(700)円、大学・高校生と65歳以上450(350)円

※中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)または精神障がい者保健福祉手帳をご提示の方と付き添いの方1名は半額
※10月5日(展覧会初日)と11月3日(文化の日)は入場無料
※「リピーター割引」「きもの割引」「町田市民文学館ことばらんどとの相互割引」ほか各種割引を実施予定

出品作家

アプリで読む