Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団 ニューイヤー・コンサート 2020

20/1/10(金)

サラマンカホール

ウィーンから本物のニューイヤーコンサートを。歌あり、踊りあり、サラマンカホールがウィーンの舞踏会場に。オペラ、オペレッタの殿堂ウィーン・フォルクスオーパーからこのホールを本拠地とするウィーン・フォルクスオーパー交響楽団がやってきます。新春を華やかに演出する本場のウィンナワルツやポルカをお楽しみください。専属歌手とバレエ団メンバーによる、歌や踊りも彩りを添えます。

ヨハン・シュトラウスⅠ世:『エルンストの思い出、またはヴェネツィアのカーニヴァル』/ヨハン・シュトラウスⅡ世:オペレッタ『理性の女神』序曲、オペレッタ『ジプシー男爵』より「誰が私たちを結婚させたの?」、『トリッチ・トラッチ・ポルカ』、ワルツ『美しく青きドナウ』/ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ『水彩画』、ポルカ・マズルカ『遠方から』/カールマン:オペレッタ『サーカス妃殿下』より「夢物語のような二つの瞳」/ハチャトゥリヤン:『仮面舞踏会』より「ワルツ」「ギャロップ」/シュトルツ:オペレッタ『絹をまとったヴェーヌス』より「あなたのヴァイオリンで弾いてよ」/ドヴォルジャーク:『スラブ舞曲集』第2集 より 第9番 ロ長調/スッペ:オペレッタ『ウィーンの朝、昼、晩』序曲/カールマン:オペレッタ『チャールダーシュの女王』より「ハイヤ、ハイヤ、私の故郷は山の中」、オペレッタ『チャールダーシュの女王』より「シルヴァ、僕は君だけを愛している!」/シュトルツ:音楽映画『我すべての女性を愛す』より「ブロンドでも茶髪でも」

公演情報

ジャンル
オーケストラ

車いす席あり。詳細は問合せ先まで。
未就学児童は入場不可。

料金

S席-11,000円
A席-9,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

アプリで読む