Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

収蔵品展 「暮らしのうつりかわり」

20/1/25(土)~20/3/22(日)

岡崎市美術博物館

働き終えた道具たちの年に一度の晴れ舞台<暮らしのうつりかわり>の季節がやってきた。平成24年度に始まり、今回で8回目を迎える。相変わらず美術博物館収蔵品のなかで、ガラクタだの粗大ゴミだのと揶揄され、何かと肩身の狭い思いをしているモノたち。しかし、これだって寄贈していただいた皆さまによって築き上げられた大切な岡崎の文化遺産なのだ。
会場には明治、大正から昭和40年代頃までのいろいろな道具を集めた。ひとつひとつの道具には、それを持っていた方や使っていた方の生活や人生、思いがあり、それぞれに歴史的な背景や価値を持っている。今回はこの展覧会がきっかけとなり、あらたに寄贈いただいた品々もたくさん紹介し、ささやかながら美術博物館から寄贈者の皆さまへ感謝の気持ちをあらわしたいと思う。
展示を見ながら、むかしと今の生活の違いや変化、道具に託されたむかしの人々の生活の知恵をくみ取ってほしい。同時に私たちの今の暮らしや社会をとらえ直し、新しい「令和」の時代に私たちは何を残せるのか、ふと考えてみる場面にしていただけると幸いである。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日(ただし2月24日は開館)・2月25日(火)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般(高校生以上)300円、小中学生150円

※展覧会限定フリーパス「Limi-pass (リミパス)」は400円
※未就学児は無料
※岡崎市内の小中学生は無料(わくわくカードまたは学生証を提示)
※各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者1名は無料(各種手帳を提示)

お問い合わせ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む