Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play
Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

【2月27日で閉幕】ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター

20/1/9(木)~20/3/8(日)

Bunkamuraザ・ミュージアム

2017年、Bunkamura ザ・ミュージアムで日本初の回顧展を開催し、大きな話題を呼んだ写真家ソール・ライター(1923-2013)。 1950年代からニューヨークで第一線のファッション写真家として活躍し、1980年代に商業写真から退いた後、世間から突如姿を消した。ほとんど知られていなかった写真家の展覧会がこれほどの反響を巻き起こした背景には、画家として出発し、天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と呼ばれた個性と才能があった。約8万点のカラー写真をはじめとする作品の大半を整理することなく世を去った写真家の「発掘作業」は今もなお、現在進行形で続けられている。 本展では、ニューヨークの膨大なアーカイブから、世界初公開作品を含むモノクロ・カラー写真、カラースライド等の作品をはじめ、豊富な作品資料やデジタル技術を駆使して、知られざる一面を紐解きながらソール・ライターの更なる魅力を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜18:00、1月21日(火)、2月18日(火)休館

※金曜日・土曜日は21:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

前売・団体一般1300円、大学・高校生800円、中学・小学生500円
当日一般1500円、大学・高校生1000円、中学・小学生700円

※団体は20名様以上(要申込)
※学生券をお求めの場合は、学生証要提示(小学生は除く)
※障害者手帳提示で割引料金あり(詳細は窓口まで)

出品作家

お問い合わせ

新着エッセイ

新着クリエイター人生

水先案内

アプリで読む